Program プログラム

  • イベント

うたの記憶と出会うとき
―クレオール・ニッポンの旅先から

終了

来春開催予定の展覧会のプレイベント。
“うたう旅人”松田美緒と2人の人類学者をゲストに迎えて、「うた」と出会う旅のお話を伺います。

会期: 2017年02月12日(日)  
時間: 15:00~17:00(開場14:30)
会場: ワークショップB(4F)

長崎・伊王島に伝わる「こびとの歌」、ブラジルで歌い継がれた「移民節」、ハワイの「ホレホレ節」――。
“うたう旅人”として各地でフィールドワークとライブを重ねる松田美緒さんは、
国内外問わず各地に残された「日本のうた」を訪ね歩き、また自らの手で記録してきました。
 

2014年、その集大成となるCDブック『クレオール・ニッポン』の発表後も、精力的な活動を続けています。
そんな松田さんの取り組みを紹介する展覧会の開催を、2017年初夏に予定しています。
 

この度、展覧会に先立ってトークイベントを開催する運びとなりました。
旅先で出会った、断片的な記録の数々。
2人の人類学者を聞き手に迎え、松田さんの資料を中心に、「うたの記憶」を探ります。
市井の人々のなかで歌い継がれてきた音楽は、どんな記憶を私たちに語りかけるのでしょうか。
 

日時:2017年2月12日(日)15:00~17:00(開場14:30)
会場:ワークショップルームB
鼎談:松田美緒(音楽家)、石倉敏明(人類学者、秋田公立美術大学講師)、川瀬慈(映像人類学者、国立民族学博物館助教)
料金:1,000円
定員:50名(申込先着順)

申込受付:電話(03-5432-1543)または下の申込みフォームにて受付を開始します。
     *定員に達し次第、申込みを〆切ります。



松田美緒(まつだ みお)
土地と人々に息づく音楽のルーツと魂を身体で吸収し表現する“うたう旅人”。

ポルトガル、ブラジル、ウルグアイ、アルゼンチン、カーボヴェルデなどポルトガル語圏、スペイン語圏の国々で、
ウーゴ・ファットーソ、カルロス・アギーレをはじめ現地を代表する数々のミュージシャンと共演。
2014年、3年がかりのライブとフィールドワークの集大成として
初のCDブック『クレオール・ニッポン うたの記憶を旅する』を発表。
http://www.miomatsuda.com/



石倉敏明(いしくら としあき)
1974年東京都生まれ。秋田公立美術大学アーツ&ルーツ専攻講師(芸術人類学/神話学)。
明治大学野生の科学研究所研究員。共著に『野生めぐり 列島神話をめぐる12の旅』、
『折形デザイン研究所の新・包結図説』、『人と動物の人類学』、『道具の足跡』等。
高木正勝によるCD付属の神話集『タイ・レイ・タイ・リオ紬記』編纂。







 

川瀬慈(かわせ いつし)
エチオピアの吟遊詩人や楽師の人類学研究を通して「記録」と「表現への欲望」の間で揺れ動く。
研究者と映画や現代美術の作り手との対話の場づくりも行う。
映像作品に『ラリベロッチ』、『精霊の馬』、『Room 11, Ethiopia Hotel』等。
共編著に『フィールド映像術』、
『アフリカン・ポップス!文化人類学からみる魅惑の音楽世界』がある。

http://www.itsushikawase.com/








◆来年度開催予定! 
クレオール・ニッポンの旅
―無名詩人の民謡から、ニッポンを聴く(仮)
 

“うたう旅人”として国内外でフィールドワークとライブを重ねる松田美緒さんの活動をもとに、
「うた」を通して、日本の多様性を知る展覧会です。
 

会期:2017年6月17日(土)~7月23日(日)9:00~20:00
会場:生活工房ギャラリー(三軒茶屋・キャロットタワー3階)
会期中無休/入場無料(関連イベントは一部有料)


*展覧会の詳細は2017年5月上旬に生活工房ホームページでお知らせします。

 

プログラムに申し込む

*

主催:(公財)せたがや文化財団 生活工房 
特別協力:(株)アルテスパブリッシング
後援:世田谷区

こんなプログラムも…

クライム・エブリ・マウンテンv...

11月に開催予定の「ミャオ族の刺繍と暮らし」展は、山に暮らす人々の生活とその思想や知恵に迫る「クライム・エ... もっと見る

映像のフィールドワーク・ラボ ...

20世紀の映像百科事典「エンサイクロペディア・シネマトグラフィカ」の映像群に、生命の根源的な営みを学ぶシリ... もっと見る

クレオール・ニッポンの旅 ―無...

“うたう旅人”松田美緒さんが見つけた ハワイ・ブラジル・日本に残された音楽を通して、 私たちの暮... もっと見る

イシス編集学校×生活工房「情報...

昨年度好評だった「情報力編集講座」を軸にして、本年度の講座では、情報を自分自身で収集しながら、文章を書く... もっと見る

食べられるセミナー「夜と生活工...

夜に訊く、塩と肉のはなし。 もっと見る

インタースコア・ワークショップ...

イシス編集学校との連続講座、好評につきふたたび登場! 社会や仕事や日々の暮らしをどう「編集」して、新しい... もっと見る

新年を祝う お正月飾りづくり ...

ゆく年への感謝と、新しい年への願いを込めて 注連縄をつくります。  もっと見る

7つの海と手しごと〈第7の海〉...

北アメリカ北西海岸沿岸の先住民たちは、集団の祖先と特別な関わりがあるとされている動物などの〈トーテム〉を... もっと見る

留学生研究発表会 JAPOND...

留学生を通して世界を知るJAPONDER(ジャポンダー)。 今年は、ルーマニアからの留学生による獅子舞・獅子踊... もっと見る

男性のための 自分の「好き」を...

イシス編集学校との共催企画第2弾は、 「着物」がテーマの編集ワークショップ。 男性には少し縁遠い着物の世界... もっと見る

日本のポータブル・レコード・プ...

日常の音楽風景を彩った オモシロかわいいプレイヤー約100点が大集合! 写真:HITACHI MQ-22/ 撮影:高... もっと見る

イシス編集学校×生活工房 先ど...

イシス編集学校による連続講座を開講! さまざまな分野をつなぎ、新しい見方(スコア)や関係を創りだす、共... もっと見る

穴アーカイブ:an-archi...

記録の穴を手がかりに それぞれが記憶を持ち寄って みえない景色をみる試み   8ミリフィルムと せた... もっと見る

いぬと、ねこと、わたしの防災 ...

災害時にペットを守るため、そして避難先で起こる問題を想定し、ふだんからどんなことができるか、いっしょに考... もっと見る

MADE IN OCCUPIED...

戦後70年、 Made in Occupied Japanの陶磁器が伝える平和のメッセージ もっと見る

市民活動・NPO活動を支えるコ...

今年度の市民活動支援講座は「コミュニティづくり」がテーマです。今回の講座ではコミュニティづくりの大切さと... もっと見る

三軒茶屋 三角地帯 考現学

世田谷通りと国道246に挟まれた、通称・三角地帯。 店舗の営みやそこを訪れる人々をイラストレーションで記録し... もっと見る

坂 茂 ― 紙の建築と災害支援

世界的に活躍する建築家・坂茂の活動を紹介します。 近年頻発する自然災害のなかで人々の「住まい」がいかにあ... もっと見る

留学生研究発表会 JAPOND...

留学生を通して世界を知るJAPONDER(ジャポンダー)。 今年は、ウガンダ共和国の留学生と その夫人である文化人... もっと見る

7つの海と手しごと〈第6の海〉...

インド洋に浮かぶインドネシア共和国のスンバ島。 この島独特のイカット(絣織物)、男性用の衣服「ヒンギ」と... もっと見る

食べることの未来 石倉敏明×藤...

連続講座「知の航海」最終回は 人類学者の石倉敏明さんと現代史研究者の藤原辰史さんを迎え 未来の... もっと見る

「ブナ帯☆ワンダーランド」展

燃えるような紅葉の秋 音も消える白銀の冬 雪解けの轟音とともに山菜の芽吹く春 そして軽やかな夏のブナの森... もっと見る

連続講座・知の航海 Vol.2 ...

“大人の知的好奇心を満たす”ための連続講座。  第2回は、清野由美さん(ジャーナリス... もっと見る

連続講座・知の航海 Vol.3 ...

“大人の知的好奇心を満たす”ための連続講座。  第3回は、原田信男さん(国士舘大学教... もっと見る

連続講座・知の航海 VOl.4 ...

“大人の知的好奇心を満たす”ための連続講座。  第4回は、佐々木俊尚さん(ジ... もっと見る

連続講座・知の航海 Vol.1 ...

“大人の知的好奇心を満たす”ための連続講座。 第1回は、菊地成孔さん(音楽家)と坂村健さ... もっと見る

JAPONDER2014 Fu...

南米のペルー共和国の留学生を案内役に、ペルーの「フュージョン(融合)」という食文化の潮流を、映画と料理教... もっと見る

7つの海と手しごと《第5の海》...

―北方民族ウイルタの文様をたどる旅― サハリン島でトナカイとともに暮らしてきた少数民族・ウイルタ。イルガ... もっと見る

空き地農業 都市・農・人の新た...

農地を拓き、地域も拓く。 人が集う「農園」のあり方を参考に、 都市と農、そして地域について考え... もっと見る

7つの海と手しごと《第4の海》...

赤土の大地と褐色の肌を彩る、海のような藍。 もっと見る

知の航海2013 ふゆまつり ...

時とともに人も建物も移り変わる「まち」。 わたしたちの「まち」が直面する開発や住民自治、 そし... もっと見る

知の航海2013 まちのまつり...

時とともに移ろいゆくまちの姿――。 高齢化、待機児童、駅前再開発など 都市構造の変化とともに「地... もっと見る

知の航海2013 まちのまつり...

時とともに移ろいゆくまちの姿――。 高齢化、待機児童、駅前再開発など 都市構造の変化とともに「地... もっと見る

JAPONDER10 第10回...

留学生ってどんな勉強しているの? もっと見る

知の航海2013 vol.1 ...

伸び悩む成長率、産業の空洞化、広がる格差…… 「小商い」という経済活動から 少子高... もっと見る

知の航海2012 ぐるぐるエネ...

食べることは、生きること。 気鋭の哲学者・國分功一郎さんを迎え、 私たちの生活を一歩前に進める... もっと見る

アトツギ —山と里、庄内にまな...

日本の伝統食-私たちは何を食べ継いできたか 展示と関連イベントから「食のアトツギ」について考えます。 ... もっと見る

知の航海 特別編 「東日本大震...

被災地の記録写真を見ながら、震災直後から現在までのお話を伺います。 もっと見る

「聞きながら綴る 出羽三山 精進...

11月から展示に先立ち、「精進料理」をテーマにしたワークショップとトークセミナーを開催します。  ... もっと見る

第9回 留学生研究発表会 JA...

留学生ってどんな勉強しているの?   主催: 生活工房/SUNUS(サナス) 「公益財団法人中島記... もっと見る

7つの海と手しごと〈第3の海〉...

イスラムの女性が母から娘へと伝え続けてきた、繊細なレース編み「イーネオヤ」の展覧会。 ※会期中無休、入... もっと見る

7つの海と手しごと〈第2の海〉...

壁かけに縫い込まれた、極北の民の暮らし。 もっと見る

JAPONDER8 -留学生っ...

留学生が見た日本、世田谷はどんな所なのでしょう? ぜひ留学生の声を聞きにきてください。 生活工房/SUNUS... もっと見る

7つの海と手しごと〈第1の海〉...

パナマのカリブ海沿岸に暮らすクナ族の暮らしを、「モラ」と呼ばれる美しいアップリケ刺繍を通してご紹介します。 もっと見る

JAPONDER7  留学生研...

留学生が見た日本、世田谷はどんな所なのでしょう? ぜひ留学生の声を聞きにきてください。 SUNUS(サナス)... もっと見る

JAPONDER 6 ―留学生っ...

学んでいること、感じたこと、母国のこと。 日本で学ぶ留学生が率直に語ります。 生活工房/SUNUS(サナス) もっと見る

JAPONDER5 ―留学生に...

世田谷に暮らす留学生たちは、日本で何を学んでいるの?   主催:生活工房/SUNUS(サナス) もっと見る

JAPONDER4 ~留学生に...

世田谷在住の留学生が中心となって、日頃の研究成果をお披露目します。 SUNUS(サナス)、生活工房 もっと見る

News お知らせ

Pagetop