Program プログラム

  • 展示
  • セミナー

第5回世田谷区芸術アワード“飛翔”生活デザイン部門受賞展覧会
世田谷を“はかる”プロジェクト2017-2018

終了

“はかる”ことから世田谷のまちが見えてくる

会期: 2018年02月09日(金)~2018年02月18日(日)
時間: 9:00~20:00
会場: 生活工房ギャラリー(3F)

展覧会概要

世田谷区では次代の文化・芸術分野を担う若手アーティストが飛躍する機会をつくるため、賞を設け発表の場を提供する事業「世田谷区芸術アワード“飛翔”」を展開しています。

生活デザイン部門では、「世田谷の暮らしを楽しくするデザイン」というテーマで2016年に公募を行い、受賞者である吉川美鈴+川上恭輔は、「“はかる”ことからまちのよさに触れるきっかけをつくり、世田谷を再発見するプロジェクト」を提案し、「まちづくり」に対する新たな視点が評価されました。

本展では受賞者が、世田谷のまちと隣接する区や市との境界を“はかる”の視点で見つめなおし、インスタレーションとして展開します。世田谷の暮らしがもっと魅力的に見えてくる“はかる”の楽しさを、展示空間で体感してみてください。また2017年の夏休みに開催した、本プロジェクトの子どもワークショップの内容もご報告します。

世田谷のまちが、いつもと違う輪郭をもって立ち上がったとき、見慣れた景色は、少し特別な場所に見えてくるかもしれません。



 


賞の概要

世田谷区芸術アワード“飛翔”は、文化・芸術分野で活躍する優秀な人材の育成を目的として、《舞台芸術》《美術》《文学》《音楽》《生活デザイン》の5つの分野で、次代を担う将来性のある若手アーティストの創作活動を奨励・支援する事業です。生活工房が担当する《生活デザイン》部門は、暮らしを意識した身近な視点を通して、世田谷らしさをアピールするデザイン活動を対象としています



受賞者プロフィール

吉川美鈴(よしかわ・みすず)
mxa(えむのえ)一級建築士事務所代表。世田谷区に事務所を構え住宅や店舗、事務所などの建築設計に幅広く従事。

川上恭輔(かわかみ・きょうすけ)
建築設計の他まちづくり・ワークショップの企画や運営に従事。

受賞者によるギャラリートーク
「世田谷の境界からみる、まちを“はかる”」

受賞者が案内役となり、プロジェクトのコンセプトや制作のプロセスについて、自由に質問をうけつけながら、ギャラリートークを行います。

 

日時:2月11日(日・祝)14:00~15:00
会場:生活工房ギャラリー
進行:吉川美鈴+川上恭輔
定員:20名
申込不要、当日先着、直接会場へ
参加費無料

*

主催:世田谷区/公益財団法人せたがや文化財団 生活工房
企画制作:吉川美鈴+川上恭輔
後援:世田谷区教育委員会

こんなプログラムも…

第4回世田谷区芸術アワード“飛...

不用になった傘を使ったプロダクトの制作やワークショップを展開するCASA PROJECT。 身近な傘を通して、これか... もっと見る

世田産-setasan  ~セ...

昨年度、「第3回世田谷区芸術アワード”飛翔”」《生活デザイン》受賞発表展として、好評を博した『... もっと見る

第3回 世田谷区芸術アワード“飛...

  渋谷のアクリル職人と世田谷の昭和女子大学のコラボレーション。 職人の技をリサーチして、素材と... もっと見る

玉田多紀 作品/活動発表展 「...

創造を超えた“ド迫力”のダンボール作品 世田谷区/生活工房 もっと見る

News お知らせ

Pagetop