Program プログラム

  • セミナー
  • ワークショップ

日常を見限らない―音と身体のワークショップ

EVENTあり 52

研究者やアーティストとともに五感をフル活用し、生活の中で起こっていることと丁寧に向き合う方法を学び・体験することで、見落とされた無数の出来事を味わい直すワークショップ・シリーズ。

会期: 2018年09月09日(日)~2018年12月01日(土)
会場: ワークショップB(4F) / その他

編集された世界を生きる私たちが
初々しい日常と再会する


いつもと変わらない朝の駅。雑踏の中に佇み、じっと耳を澄ましてみたことはありますか? 急ぎ足のスニーカーのきしみ、細いハイヒール、引きずるサンダル……。さまざまな人々の織り成す靴音が、いつの間にか雑音から心地いリズムに変わる瞬間があります。
 
普段私たちは自分に見えている世界がすべてだと思いがちですが、無意識のうちに多くの情報を「選択・省略・編集」しながら過ごしています。そこには見落としていることが無数にあるかもしれません。
 
本企画は、研究者やアーティストとともに五感をフル活用し、生活の中で起こっていることと丁寧に向き合う方法を学び・体験することで、見落とされた無数の日常の出来事を味わい直すワークショップ・シリーズです。

本企画を通して、いつも同じように映っていた日常が初々しく生まれ変わり、あなたと再会を果たすこととなれば幸いです。

 

 



 

※本企画は、全行程にカメラが入りドキュメンタリー作品として公開(12/1上映会/動画共有サイト/大学研究者等)します。
カメラの撮影及び記録映像の公開についてご了承のうえ、ご応募いただきますよう、よろしくお願いいたします。
※下記Ⅰ~Ⅳは、1プログラムだけでも、複数のプログラムにも応募可能です。
※雨天決行、荒天中止

Ⅰ【Talk:私たちは日常空間をどのようにとらえているか】《理論》

『目の見えない人は世界をどう見ているのか』がベストセラーになるなど、障害者の世界の捉え方の研究で注目を集める伊藤亜紗さんに、生物・芸術・福祉の分野から、〈見る〉以外の方法で日常を捉える可能性について伺います。

 

日時:2018年9月9日(日)13:00~15:00
会場:ワークショップルームB
講師:伊藤亜紗(東京工業大学リベラルアーツ研究教育院准教授) 
参加費:500円/40名(申込先着)

申込方法7月25日(水)10:00より、電話(03-5432-1543)か下の申込フォームより受付いたします。

講師プロフィール
東京工業大学リベラルアーツ研究教育院准教授。専門は美学、現代アート。主な著作に『目の見えない人は世界をどう見ているのか』(光文社)、『目の見えないアスリートの身体論』(潮出版)『どもる体』(医学書院)。
http://asaito.com/

Ⅱ【Workshop:音】《気づき》

人が目的に向かって行動する時に、さまざまな音を状況によって取捨選択していることを体感します。街に出て音を集めながら、日常生活で聴きそびれている多様な音を再発見します。参加者が採取した音は、アレンジして今回撮影されるドキュメンタリー作品の中で公開します。

 

日時:2018年9月29日(土)/ 30日(日)11:00~17:00(途中休憩あり) ※各日完結
会場:ワークショップルームB、三軒茶屋周辺
講師:永田壮一郎(音楽家/作曲家)
対象:高校生以上で録音機能付端末(携帯電話やタブレット等)を当日ご持参いただける方
参加費:1,000円/各日15名(抽選)

申込方法希望日、「その他」欄に応募理由を明記の上、下の申込フォームよりお申し込みください。
締切:2018年9月15日(土)


講師プロフィール
楽器以外の音を使って音楽を作る。視点を変える、忘れていたことを思い出せるような体験を目指して活動。2002年よりKIJIMA SOUND SYSTEMを組織。2014年から2016年まで瀬戸内国際芸術祭公式プログラム「よるしるべ」に参加。2018年より中国、アメリカで活動を開始。キャタピラ、kIRIN「世界のkitchenから」などCM曲多数。

プログラムに申し込む

Ⅲ【Workshop:身体】《実践》

街に佇み、五感を駆使して感じ・想像したことを言葉にして、私たちの内面と公共空間の繋がりを掘り起こします。周囲の人・物・出来事をきかっけに身体を動かす創作から、自分と街がセッションする感覚を楽しみます。

 

日時:2018年10月13日(土)& 14(日)11:00~17:00(途中休憩あり) ※2日完結
会場:ワークショップルームB、三軒茶屋周辺 
講師:山崎広太(振付家/ダンサー)
対象:高校生以上で両日参加できる方 
参加費:2,000円(2日分)/15名(抽選)
申込方法「その他」欄に応募理由を明記の上、下の申込フォームよりお申し込みください。
締切:2018年9月15日(土)

 


講師プロフィール

舞踏を笠井叡、バレエを井上博文に師事。1995年より2001年まで東京拠点のrosy Coを主宰し国内外問わず多数公演。建築家の伊東豊雄他、コラボレーション作品を多数制作。2001年より、NYにも拠点に移しKota Yamazaki/Fluid hug-hug主宰。07年ニューヨーク・ダンスパフォーマンス・アワード(ベッシー賞) 13年FCA受賞。16年NYFA受賞 。18年グッゲンハイム・フェロー受賞。アーティスト主導のウェンウェアフェスを主催。

プログラムに申し込む

Ⅳ【Documentary:上映会】《振返り》

本企画の全行程を撮影・編集する映像作家の三行英登さんをゲストに迎え、今回撮影されたドキュメンタリーを参加者の皆さんと鑑賞しながら全体を振返ります。

 

日時:2018年12月1日(土)13:00~15:00
会場:ワークショップルームB 

ゲスト:三行英登(映像作家/グラフィックデザイナー)
参加費:無料/40名(当日先着)
申込:不要、当日直接会場へ

 

ゲストプロフィール
舞台・音楽・美術など様々な場で映像制作および記録者として、美術家や音楽家、詩人、研究者との協同作業を数多く行う。2003年から2008年まで創作ユニット Port B に参加し舞台映像および宣伝美術を担当。2015年より河崎純主宰の音楽詩劇研究所に参加し、アルメニア・ロシア・トルコ・ウクライナなど国内外の公演を共同でプロデュースしている。

*

主催:公益財団法人せたがや文化財団 生活工房
後援:世田谷区、世田谷区教育委員会

こんなプログラムも…

鈴木まもる・絵本原画と鳥の巣コ...

鳥の巣には、新しいいのちをはぐくむための工夫がたくさんつまっています。本展では、絵本作家で鳥の巣研究家で... もっと見る

冷蔵庫/ICE BOX 潮田登...

ごく普通の家庭にある冷蔵庫の外側と内側を撮影した、潮田登久子氏による2枚組のモノクロ写真シリーズを展示し... もっと見る

Pre2001 Project ...

20世紀の終わりにいいたいことがある もっと見る

NPO・市民活動のためのステッ...

「組織づくり」「人材の育成・活用」 の視点から課題解決のヒント/コツを学び、団体活動の運営におけるコミュ... もっと見る

イシス編集学校×生活工房「情報...

「情報」を自分自身で収集しながら、新しい見方や思考方法をワークショップで体験する連続講座です。情報を組み... もっと見る

NPO・市民団体のためのステッ...

「組織づくり」「活動資金」の視点から課題解決のヒント/コツを学び、団体活動の運営におけるコミュニティづく... もっと見る

クライム・エブリ・マウンテンv...

11月に開催予定の「ミャオ族の刺繍と暮らし」展は、山に暮らす人々の生活とその思想や知恵に迫る「クライム・エ... もっと見る

クレオール・ニッポンの旅 ―無...

“うたう旅人”松田美緒さんが見つけた ハワイ・ブラジル・日本に残された音楽を通して、 私たちの暮... もっと見る

イシス編集学校×生活工房「情報...

昨年度好評だった「情報力編集講座」を軸にして、本年度の講座では、情報を自分自身で収集しながら、文章を書く... もっと見る

インタースコア・ワークショップ...

イシス編集学校との連続講座、好評につきふたたび登場! 社会や仕事や日々の暮らしをどう「編集」して、新しい... もっと見る

新年を祝う お正月飾りづくり ...

ゆく年への感謝と、新しい年への願いを込めて 注連縄をつくります。  もっと見る

うたの記憶と出会うとき ―クレ...

来春開催予定の展覧会のプレイベント。 “うたう旅人”松田美緒と2人の人類学者をゲストに迎えて、「... もっと見る

男性のための 自分の「好き」を...

イシス編集学校との共催企画第2弾は、 「着物」がテーマの編集ワークショップ。 男性には少し縁遠い着物の世界... もっと見る

イシス編集学校×生活工房 先ど...

イシス編集学校による連続講座を開講! さまざまな分野をつなぎ、新しい見方(スコア)や関係を創りだす、共... もっと見る

穴アーカイブ:an-archi...

記録の穴を手がかりに それぞれが記憶を持ち寄って みえない景色をみる試み   8ミリフィルムと せた... もっと見る

いぬと、ねこと、わたしの防災 ...

災害時にペットを守るため、そして避難先で起こる問題を想定し、ふだんからどんなことができるか、いっしょに考... もっと見る

MADE IN OCCUPIED...

戦後70年、 Made in Occupied Japanの陶磁器が伝える平和のメッセージ もっと見る

時間をめぐる、めぐる時間の展覧会

24時間・365日の時計とカレンダーのなかで生きているように見える現代の私たち。 この星が生み出す律動と、そこ... もっと見る

市民活動・NPO活動を支えるコ...

今年度の市民活動支援講座は「コミュニティづくり」がテーマです。今回の講座ではコミュニティづくりの大切さと... もっと見る

三軒茶屋 三角地帯 考現学

世田谷通りと国道246に挟まれた、通称・三角地帯。 店舗の営みやそこを訪れる人々をイラストレーションで記録し... もっと見る

時をときはなつ vol.4 月...

時計とカレンダーの中から、時をときはなつ。 ほかの命の「時」とかかわる「時のフィールドワークショップ」と... もっと見る

時のドキュメンタリー上映会vo...

ほかの世界に流れる「時」を想う、ドキュメンタリー上映会。 もっと見る

時をときはなつ vol.3 「...

時計とカレンダーの中から、時をときはなつ。 ほかの命の「時」とかかわる「時のフィールドワークショップ」と... もっと見る

食べることの未来 石倉敏明×藤...

連続講座「知の航海」最終回は 人類学者の石倉敏明さんと現代史研究者の藤原辰史さんを迎え 未来の... もっと見る

時をときはなつvol.2 「時...

時計とカレンダーの中から、時をときはなつ。 ほかの命の「時」とかかわる「時のフィールドワークショップ」と... もっと見る

連続講座・知の航海 Vol.2 ...

“大人の知的好奇心を満たす”ための連続講座。  第2回は、清野由美さん(ジャーナリス... もっと見る

連続講座・知の航海 Vol.3 ...

“大人の知的好奇心を満たす”ための連続講座。  第3回は、原田信男さん(国士舘大学教... もっと見る

連続講座・知の航海 VOl.4 ...

“大人の知的好奇心を満たす”ための連続講座。  第4回は、佐々木俊尚さん(ジ... もっと見る

連続講座・知の航海 Vol.1 ...

“大人の知的好奇心を満たす”ための連続講座。 第1回は、菊地成孔さん(音楽家)と坂村健さ... もっと見る

時をときはなつvol.1 「時...

時計とカレンダーの中から、時をときはなつ。 ほかの命の「時」とかかわる「時のフィールドワークショップ」... もっと見る

空き地農業 都市・農・人の新た...

農地を拓き、地域も拓く。 人が集う「農園」のあり方を参考に、 都市と農、そして地域について考え... もっと見る

知の航海2013 ふゆまつり ...

時とともに人も建物も移り変わる「まち」。 わたしたちの「まち」が直面する開発や住民自治、 そし... もっと見る

知の航海2013 まちのまつり...

時とともに移ろいゆくまちの姿――。 高齢化、待機児童、駅前再開発など 都市構造の変化とともに「地... もっと見る

知の航海2013 まちのまつり...

時とともに移ろいゆくまちの姿――。 高齢化、待機児童、駅前再開発など 都市構造の変化とともに「地... もっと見る

知の航海2013 vol.1 ...

伸び悩む成長率、産業の空洞化、広がる格差…… 「小商い」という経済活動から 少子高... もっと見る

知の航海2012 ぐるぐるエネ...

食べることは、生きること。 気鋭の哲学者・國分功一郎さんを迎え、 私たちの生活を一歩前に進める... もっと見る

知の航海 特別編 「東日本大震...

被災地の記録写真を見ながら、震災直後から現在までのお話を伺います。 もっと見る

News お知らせ

Pagetop