Program プログラム

  • 展示
  • セミナー

新雪の時代―江別市世田谷の暮らしと文化

終了

北海道江別市に位置する、もう一つの世田谷。作品や資料をとおして、北の世田谷を紹介する初の展覧会です。

会期: 2019年01月26日(土)~2019年03月10日(日)
時間: 9:00~20:00
会場: 生活工房ギャラリー(3F)

北海道江別市の世田谷部落*をご存知でしょうか? 

 

北の〈世田谷〉は、石狩川とその支流の世田豊平川、豊平川に挟まれた野幌原野の三角州に位置しています。1945年7月、食糧増産を目的とする「拓北農兵隊」として、東京都世田谷区から入植した33世帯がその名の由来です。東京の空襲で焼け出された、エノケン一座の役者や音楽家、大学講師などさまざまな経歴を持つ人々は、数多くの困難を乗り越えながら、農耕作に適さない過酷な泥炭地を切り拓きました。

 

その一方で、終戦まもなく共同で建てた「世田谷倶楽部」で、文学・思想・詩・音楽・書道・英語などを子どもたちに教えはじめます。さらに1947年に創刊した機関誌『新雪』では、日々の暮らしを綴った文章のほか、詩作や評論なども展開されました。この倶楽部で学んだ開拓2世の山形トムさんは、のちに「北の世田谷美術館」を設立し、現在も農民画家として制作を続けています。

 

本展では、入植者自身が書き残した文章や山形トムさんの絵画、地元の市民劇団「川」による演劇上演の記録など、現存する資料や作品をとおして、<世田谷>の歩んだ暮らしと文化活動を紹介する初の展覧会です。新天地で文化を自ら切り拓いた人々の活動をご覧ください。

 

*北海道では、行政組繊の「村」と区別する日常語として、「集落」や「コミュニティ」等の意味で部落という言葉が今も使われています。


緊急開催!トークイベント
山形トム、自作を語る。


江別市〈世田谷〉の開拓者であり、本展出品作家である山形トムさんのギャラリートーク。
〈世田谷〉の暮らしから生まれた絵画を前に、開拓者自身による貴重なお話を伺います。


日時:2月17日(日)11:00~11:30

会場:生活工房ギャラリー(混雑時は生活工房4Fへ移動)
定員:10名程度(申込不要、当日直接会場へ)
参加費:無料

左:江別市角山地区のバス停「世田ヶ谷」 右:世田谷部落 風景 2009年(写真:露口啓二)


左:機関誌『新雪』(1949年1月号)表紙 右:1961年の「世田谷倶楽部」


左:山形トム『羊群』2016年 右:「北の世田谷美術館」跡地 2018年(写真:露口啓二)

レクチャー:空襲と移住 ――焼け出された人々の記憶をめぐって

東京大空襲で「焼け出された」人々。世田谷に限らず、空襲がきっかけとなって移住を余儀なくされた人々は少なくありません。本レクチャーでは、社会学の立場から空襲や拓北農兵隊について研究している木村さんにお話を伺いながら、空襲の記憶との向き合い方や継承について考えます。

 

日時:2019年2月11日(月・祝) 14:00~15:30
会場:ワークショップルームA
講師:木村 豊(筑波大学人文社会系 研究員)
定員:40名(申し込み先着順)
申込:12月25日(火)10:00から受付開始。
   電話(03-5432-1543)または下の申込フォームよりお申し込みください。

参加費:500円

 

●講師プロフィール

木村 豊(きむら・ゆたか)
1983年生まれ。慶應義塾大学大学院社会学研究科後期博士課程単位取得退学。社会学博士。
日本学術振興会特別研究員などを経て、現在、筑波大学人文社会系研究員。2005年より東京大空襲の体験者への聞き取り活動を行っている。

プログラムに申し込む

トークイベント:山形トム、自作を語る。

江別市〈世田谷〉の開拓者であり、本展出品作家である山形トムさんのギャラリートーク。
〈世田谷〉の暮らしから生まれた絵画を前に、開拓者自身による貴重なお話を伺います。

日時:2月17日(日)11:00~11:30
会場:生活工房ギャラリー(混雑時は生活工房4Fへ移動)
定員:10名程度(申込不要、当日直接会場へ)
参加費:無料

特別上映:劇団「川」第35回公演“北の世田谷物語”

1994年に江別市の市民劇団「川」が上演した『北の世田谷物語』。本作の公演記録を上映します。東京の上野駅で「拓北農兵隊」として見送られるシーンから世田谷倶楽部での活動まで、〈世田谷〉を知る上でも貴重な演劇記録です。

 

日程:2019年3月9日(土)・10(日)
時間:(1)11:00~14:00 (2)15:00~18:00
会場:ワークショップルームB
定員:各回50名(申込不要、途中入退場可)
参加費:無料


「北の世田谷物語」ポスター 1994年

*

主催:公益財団法人せたがや文化財団 生活工房

協力:江別市総務部総務課(市史・行政資料)

後援:世田谷区/世田谷区教育委員会

こんなプログラムも…

穴アーカイブ:an-archi...

2015年から一般家庭に眠る8ミリフィルムのデジタルアーカイブを行ってきた「穴アーカイブ」。 ここでは、集まっ... もっと見る

穴アーカイブ:an-archi...

「穴アーカイブ」にご提供いただいた8ミリフィルムの映像を厳選して上映します。 〈画像〉『あこがれの大... もっと見る

2020年開催展覧会・プレ企画...

8年のこと、東京に重ねて、読みなおす。 もっと見る

イシス編集学校×生活工房 情報...

自分をあらわすキーワードの収集・連想によって「自分らしさ」を再発見しながら、「編集力」の向上を試みます。... もっと見る

NPO・市民活動のためのステッ...

より良い組織づくりのために不可欠な「広報」。講座を通じて、これからの組織運営を見据えた「ヒント/コツ」... もっと見る

哲学対話 PARA SHIF パ...

世界の捉え方はいつだって更新していける もっと見る

NPO・市民活動のためのステッ...

より良い組織づくりのために不可欠な「広報」。講座を通じて、これからの組織運営を見据えた「ヒント/コツ」を... もっと見る

プライベート・コレクション展 ...

2019年6月に開催する展覧会に、自宅の絵画・彫刻を貸出していただける方を探しています。 もっと見る

日常を見限らない―音と身体のワ...

研究者やアーティストとともに五感をフル活用し、生活の中で起こっていることと丁寧に向き合う方法を学び・体験... もっと見る

冷蔵庫/ICE BOX 潮田登...

ごく普通の家庭にある冷蔵庫の外側と内側を撮影した、潮田登久子氏による2枚組のモノクロ写真シリーズを展示し... もっと見る

Pre2001 Project ...

20世紀の終わりにいいたいことがある もっと見る

写真展「三軒茶屋―まち・人・商い」

三軒茶屋・キャロットタワーにオープンした「世田谷文化情報センター」の「生活工房」です。生活工房ではセンタ... もっと見る

NPO・市民活動のためのステッ...

「組織づくり」「人材の育成・活用」 の視点から課題解決のヒント/コツを学び、団体活動の運営におけるコミュ... もっと見る

「みっける365日」展 ──アー...

撮って、繋いだ、だれかの1年。 いつもと違う1年間を過ごした22人、 それぞれの365 日が交錯する展覧会... もっと見る

イシス編集学校×生活工房「情報...

「情報」を自分自身で収集しながら、新しい見方や思考方法をワークショップで体験する連続講座です。情報を組み... もっと見る

NPO・市民団体のためのステッ...

「組織づくり」「活動資金」の視点から課題解決のヒント/コツを学び、団体活動の運営におけるコミュニティづく... もっと見る

穴アーカイブ:an-archi...

8ミリフィルムの収集・公開・保存・活用に取り組む「穴アーカイブ」。 これまでにデジタル化したすべての映像を... もっと見る

映像のフィールドワーク・ラボ ...

20世紀の映像百科事典「エンサイクロペディア・シネマトグラフィカ」の映像群に、生命の根源的な営みを学ぶシリ... もっと見る

クレオール・ニッポンの旅 ―無...

“うたう旅人”松田美緒さんが見つけた ハワイ・ブラジル・日本に残された音楽を通して、 私たちの暮... もっと見る

穴アーカイブ:an-archi...

かつての街並みや暮らしぶりが記録された8ミリフィルムを、地域の共有財として公開・活用していくプロジェクト... もっと見る

イシス編集学校×生活工房「情報...

昨年度好評だった「情報力編集講座」を軸にして、本年度の講座では、情報を自分自身で収集しながら、文章を書く... もっと見る

インタースコア・ワークショップ...

イシス編集学校との連続講座、好評につきふたたび登場! 社会や仕事や日々の暮らしをどう「編集」して、新しい... もっと見る

始末をかくエキシビション 生活...

劇作家・岸井大輔を中心としたアーティスト集団「始末をかく」。アーティストや俳優、パフォーマーといった多彩... もっと見る

新年を祝う お正月飾りづくり ...

ゆく年への感謝と、新しい年への願いを込めて 注連縄をつくります。  もっと見る

うたの記憶と出会うとき ―クレ...

来春開催予定の展覧会のプレイベント。 “うたう旅人”松田美緒と2人の人類学者をゲストに迎えて、「... もっと見る

穴アーカイブ 8ミリフィルム鑑...

市井の人々が記録した、昭和の世田谷。 皆さまからご提供いただいたフィルムの一部をお披露目いたします。 もっと見る

~市民活動のチカラ~ 防災ワー...

世田谷区は、市民活動が活発な地域でもあります。 様々な団体が地域に根差した幅広い活動を行っています。 生活... もっと見る

男性のための 自分の「好き」を...

イシス編集学校との共催企画第2弾は、 「着物」がテーマの編集ワークショップ。 男性には少し縁遠い着物の世界... もっと見る

せたがやアカカブの会

かつての街並みや暮らしぶりが記録された8ミリフィルムを集め、想起すること、想像することの価値を再発見する... もっと見る

市民活動支援コーナーの日々展2...

今年度も市民活動団体の活躍の場、市民活動支援コーナーの日常の様子を紹介します。 もっと見る

イシス編集学校×生活工房 先ど...

イシス編集学校による連続講座を開講! さまざまな分野をつなぎ、新しい見方(スコア)や関係を創りだす、共... もっと見る

穴アーカイブ:an-archi...

記録の穴を手がかりに それぞれが記憶を持ち寄って みえない景色をみる試み   8ミリフィルムと せた... もっと見る

いぬと、ねこと、わたしの防災 ...

災害時にペットを守るため、そして避難先で起こる問題を想定し、ふだんからどんなことができるか、いっしょに考... もっと見る

MADE IN OCCUPIED...

戦後70年、 Made in Occupied Japanの陶磁器が伝える平和のメッセージ もっと見る

市民活動・NPO活動を支えるコ...

今年度の市民活動支援講座は「コミュニティづくり」がテーマです。今回の講座ではコミュニティづくりの大切さと... もっと見る

三軒茶屋 三角地帯 考現学

世田谷通りと国道246に挟まれた、通称・三角地帯。 店舗の営みやそこを訪れる人々をイラストレーションで記録し... もっと見る

穴アーカイブ 8ミリフィルム鑑...

市井の人々が記録した、昭和の世田谷。 皆さまからご提供いただいたフィルムの一部をお披露目いたします。 もっと見る

穴アーカイブ 世田谷の8ミリフ...

家庭に眠る8ミリフィルムを手がかりに、 街の記録と記憶をさぐる参加型アーカイブ・プロジェクト。 現在、フィ... もっと見る

食べることの未来 石倉敏明×藤...

連続講座「知の航海」最終回は 人類学者の石倉敏明さんと現代史研究者の藤原辰史さんを迎え 未来の... もっと見る

連続講座・知の航海 Vol.2 ...

“大人の知的好奇心を満たす”ための連続講座。  第2回は、清野由美さん(ジャーナリス... もっと見る

連続講座・知の航海 Vol.3 ...

“大人の知的好奇心を満たす”ための連続講座。  第3回は、原田信男さん(国士舘大学教... もっと見る

連続講座・知の航海 VOl.4 ...

“大人の知的好奇心を満たす”ための連続講座。  第4回は、佐々木俊尚さん(ジ... もっと見る

連続講座・知の航海 Vol.1 ...

“大人の知的好奇心を満たす”ための連続講座。 第1回は、菊地成孔さん(音楽家)と坂村健さ... もっと見る

空き地農業 都市・農・人の新た...

農地を拓き、地域も拓く。 人が集う「農園」のあり方を参考に、 都市と農、そして地域について考え... もっと見る

知の航海2013 ふゆまつり ...

時とともに人も建物も移り変わる「まち」。 わたしたちの「まち」が直面する開発や住民自治、 そし... もっと見る

知の航海2013 まちのまつり...

時とともに移ろいゆくまちの姿――。 高齢化、待機児童、駅前再開発など 都市構造の変化とともに「地... もっと見る

知の航海2013 まちのまつり...

時とともに移ろいゆくまちの姿――。 高齢化、待機児童、駅前再開発など 都市構造の変化とともに「地... もっと見る

知の航海2013 vol.1 ...

伸び悩む成長率、産業の空洞化、広がる格差…… 「小商い」という経済活動から 少子高... もっと見る

知の航海2012 ぐるぐるエネ...

食べることは、生きること。 気鋭の哲学者・國分功一郎さんを迎え、 私たちの生活を一歩前に進める... もっと見る

知の航海 特別編 「東日本大震...

被災地の記録写真を見ながら、震災直後から現在までのお話を伺います。 もっと見る

News お知らせ

Pagetop