スタッフブログ

生活工房スタッフが企画の舞台裏や最新情報をお届けします。

ユメデミー賞

「I'm so sleepy どうにも眠くなる展覧会」が終了して、はや12日。 おかげさまで、17日間の会期中、4305名ものご来場を頂きました。 本当に、ありがとうございました。

[「I'm so sleepy どうにも眠くなる展覧会」特別ブログ]

伊東家の寝室

本日も、あいにくの雨にもかかわらずたくさんの方がお見えになっています。 本日ご紹介したいのは、会場の一番奥まったところにある、 「これがあると眠れるモノ、こうすると眠れるコトを書いてください」コーナー。 意外と使えそうなヒントがいっぱい!?

[「I'm so sleepy どうにも眠くなる展覧会」特別ブログ]

ねむい音楽

ちょっと前までじめじめした日が続いていましたが、近頃はお天気がよいですね! ぽかぽかした日差しも、眠くなりますよね~。 今日も会場ではおやすみの方がたくさんいらっしゃいます。 3月12日(月)には、アコースティックデュオ「羊毛とおはな」さんによる「ママのためのおやすみライブ」を開催しました。 「あくび猫」やアルバム「LIVE IN LIVING for Good Night」などからチョイスされた曲と、 のびのある千葉はなさんの歌声、ゆったり楽しいリズムが暗めの会場とあいまって、午後の眠気を誘いました。 ちいさなお子さん(0歳時―4歳児)もたくさん来てくれました、ありがとうございました!

[「I'm so sleepy どうにも眠くなる展覧会」特別ブログ]

ねむい空間

どうにも眠くなる展覧会、ほんとうにどうにも眠くなってしまうようで 今日はとくに多くの方が、「本気寝」してました。

[「I'm so sleepy どうにも眠くなる展覧会」特別ブログ]

ねむいカード入荷

もう21時半ですか~。コドモは寝る時間ですね。 コドモじゃなくても寝たい時間ですね。 さて、本日眠い目をこすりながらも、どうしてもご紹介したいのが この「どうにも眠くなる展覧会」に共同企画製作・デザインとして八面六臂の活躍でかかわっていただいている、 SunREORの竹村真由子さん。 彼女の作っている世にも素敵な科学雑誌「LOUPE」の眠り特集号との出会いが、この企画を実現へと向かわせました。 「ねむりと感覚」。 快眠ハウツー本とはまったく違う、内側から眠りを探れるような気持ちがする本です。 「LOUPE」の他の号とともに、展覧会受付にて販売中です。 そして竹村さんは「たけむらまゆこ」さんとして、3階の展覧会場で展示している「生きものたちの眠り」展で、 21種類の動物の寝姿を描いてくださっています。

[「I'm so sleepy どうにも眠くなる展覧会」特別ブログ]