Program プログラム

  • 展示

日本のポータブル・レコード・プレイヤー展

終了

日常の音楽風景を彩った
オモシロかわいいプレイヤー約100点が大集合!


写真:HITACHI MQ-22/
撮影:高見知香 

会期: 2016年07月30日(土)~2016年08月28日(日)
時間: 9:00~20:00
会場: 生活工房ギャラリー(3F)

1960~80 年代にかけてのレコード全盛期。
日本人の多くが聴き親しんだのは、まるでおもちゃのような、
小さなポータブル・レコード・プレイヤーでした。
市井の人々が音楽を楽しむ機器として、作り捨てのように大量生産され、
時代とともに使い捨てられてきた、時代の徒花のような製品です。

しかし現代の目で見てみると、小さなハコにいろいろな機能
(ラジオ、カセットからエコー、リズム・ボックス、鍵盤まで)を詰め込むことで、
デザイン的にも面白く、フォルムだけでも楽しめるような製品も数多くあります。

オーディオメーカーだけでなく、電気メーカーはもちろん、
おもちゃメーカーや、時には重工業の会社まで、
幅広い業種が手がけた手軽なレコード・プレイヤーには、
高度成長期の日本人のさまざまなアイディアやデザイン性が活かされています。

本展では、日常の音楽風景を彩ったオモシロかわいいプレイヤー約100 点を展示。
持ち主である高円寺・円盤の田口史人氏による解説とともに紹介します。

*展示中のプレイヤーを使用して関連イベントを開催するため、
7 月31 日・8 月13・14 日は、展示数が少なくなりま
す。ご了承ください。

 


出張円盤レコード寄席

展示中のプレイヤーを使ったレコード試聴会。
本展の企画制作・出品者の田口史人氏による、プレイヤー10 台の聞き比べをし、それぞれの個性を探ります。

日時:7月31日(日)15:00~16:30
会場:生活工房4F ワークショップルームB
トーク:田口史人(円盤/リクロ舎)
参加費:1,000 円
定員:20 名(事前申込制)

対象:中学生以上

申込方法:6月25日より電話(03-5432-1543)または下の申込フォームから 

※定員に達したため、参加申込は締切りました。多数のご応募ありがとうございました。

 

ASUNA+田口史人パフォーマンス
「100 Keyboards + 100 Portable Record Players」

「100 Keyboards」、「100 Toys」といったキーボードやオモチャを駆使したライブを行っているASUNA氏と、
田口史人氏によるパフォーマンス。
キーボード100台とポータブル・レコード・プレイヤー100台が融合し、新たな世界が生まれます!


日時:8月14 日(日)15:00~18:00
会場:生活工房4F ワークショップルームB
出演:ASUNA(音楽家)+田口史人(円盤/リクロ舎)
参加費:1,500 円
定員:50 名(事前申込制)

対象:未就学児不可
申込方法:6月25日より電話(03-5432-1543)または下の申込フォームから

※定員に達したため、参加申込は締切りました。多数のご応募ありがとうございました。


ASUNA

電子音楽家。リード・オルガンとエレクトロニクスによる牧歌的なドローン・サウンド、
玩具楽器やサンプラーを駆使したローファイな宅録作品など構築するほか、
サウンドアートとしてのパフォーマンスや展示に参加。海外でも名を馳せる。


田口史人

高円寺円盤/リクロ舎店主。90 年頃から音楽ライターとして活動するとともに、
新作・旧音源の復刻などのCD 制作を始め、300 タイトル以上を発表。
著書に『レコードと暮らし』(夏葉社)、
『日本のポータブル・レコード・プレイヤーCATALOG 奇想あふれる昭和の工業デザイン』(立東舎)。


*

主催:公益財団法人せたがや文化財団 生活工房
企画制作・ディレクション:田口史人(円盤/リクロ舎)/軸原ヨウスケ(COCHAE
後援:世田谷区/世田谷区教育委員会

こんなプログラムも…

クライム・エブリ・マウンテンv...

11月に開催予定の「ミャオ族の刺繍と暮らし」展は、山に暮らす人々の生活とその思想や知恵に迫る「クライム・エ... もっと見る

映像のフィールドワーク・ラボ ...

20世紀の映像百科事典「エンサイクロペディア・シネマトグラフィカ」の映像群に、生命の根源的な営みを学ぶシリ... もっと見る

クレオール・ニッポンの旅 ―無...

“うたう旅人”松田美緒さんが見つけた ハワイ・ブラジル・日本に残された音楽を通して、 私たちの暮... もっと見る

食べられるセミナー「夜と生活工...

夜に訊く、塩と肉のはなし。 もっと見る

うたの記憶と出会うとき ―クレ...

来春開催予定の展覧会のプレイベント。 “うたう旅人”松田美緒と2人の人類学者をゲストに迎えて、「... もっと見る

7つの海と手しごと〈第7の海〉...

北アメリカ北西海岸沿岸の先住民たちは、集団の祖先と特別な関わりがあるとされている動物などの〈トーテム〉を... もっと見る

7つの海と手しごと〈第6の海〉...

インド洋に浮かぶインドネシア共和国のスンバ島。 この島独特のイカット(絣織物)、男性用の衣服「ヒンギ」と... もっと見る

7つの海と手しごと《第5の海》...

―北方民族ウイルタの文様をたどる旅― サハリン島でトナカイとともに暮らしてきた少数民族・ウイルタ。イルガ... もっと見る

7つの海と手しごと《第4の海》...

赤土の大地と褐色の肌を彩る、海のような藍。 もっと見る

7つの海と手しごと〈第3の海〉...

イスラムの女性が母から娘へと伝え続けてきた、繊細なレース編み「イーネオヤ」の展覧会。 ※会期中無休、入... もっと見る

7つの海と手しごと〈第2の海〉...

壁かけに縫い込まれた、極北の民の暮らし。 もっと見る

7つの海と手しごと〈第1の海〉...

パナマのカリブ海沿岸に暮らすクナ族の暮らしを、「モラ」と呼ばれる美しいアップリケ刺繍を通してご紹介します。 もっと見る

News お知らせ

Pagetop