Program プログラム

  • 展示

いぬと、ねこと、わたしの防災
「いっしょに逃げてもいいのかな?展」

終了

災害時にペットを守るため、そして避難先で起こる問題を想定し、ふだんからどんなことができるか、いっしょに考える展覧会です。 
絵:七字由布

会期: 2016年04月23日(土)~2016年05月22日(日)
時間: 9:00~20:00
会場: 生活工房ギャラリー(3F)

「もしも」のとき、あなたは「いつも」一緒に暮らしているペットを、守ることができますか?
《同行避難》、という言葉があります。
非常時に際し、飼っているペットと一緒に避難場所に逃げることを指し、行政としては同行避難を推奨しています。
しかしそこには、ペットと飼い主にとって多くの問題が横たわっています。
「もしも」を考えると浮かぶ、さまざまな疑問。
「キャリーに入ってくれるかな?」「持っていかなければならないものは?」
「避難所では、別々に過ごすの?」「ペットのための備蓄やケージはあるの?」「動物を嫌がる人もいるよね?」
――そもそも、本当に、「いっしょに逃げてもいいのかな?」


本展は、「もしも」の時にペットを守るため、
そしてペットと飼い主とまわりの人々との間でどんな問題が起こるのかリアルに想定し、
ふだんからどんなことができるか、来場者とともに考えることを目的に開催します。
災害時のシミュレーションをイラストで展開し、その時に必要なモノ・コト・キモチを考えます。
あわせて、クリエイターによるペットと防災をテーマにしたグッズの提案や、自治体・地域の取り組みなども紹介します。
関連イベントとして、専門家とクリエイターによるトークイベントや、迷子ペットポスター制作ワークショップも開催。
いっしょに、生きていく。 いっしょに、生き抜こう。
ペットと暮らしている人も、暮らしていない人も、いっしょに考える展覧会です。

 

参加クリエイター
小林恭+マナ(ima)/山本和豊(dessence)/長谷川晃一/
江口理架(29design)/福元成武(tank)/KIGI

 

LEONIMAL リュック型ペットキャリー GRAMP 使用例

トークセッション「もしものために、必要なもの」

ペットと防災についてさまざまな実践とともに研究を続けている平井潤子先生と、
本展参加クリエイターが、非常時に必要なものについて考え、語り合います。
 

開催日時:5月7日(土)14:00~15:30
会場:4F ワークショップルームA
トーク:平井潤子(NPO法人ANICE)×本展参加クリエイター
定員:当日先着50名
参加費:無料
申込不要・当日直接会場へ

 

 

 

 

 

まいごポスターワークショップ

被災地で紙の調達や写真の出力などをするのはとても大変です。
あらかじめ迷子ポスターを作っておくことは、
いざ迷子になったときに慌てることがないだけでなく、心構えという意味でも大切です。
わかりやすいポスターの作り方を、広告のテクニックを交えながら
グラフィックデザイナー・KIGIのお二人に教えていただきます。

 

開催日時:5月21日(土)14:00~16:00
会場:4F ワークショップルームB
講師:KIGI(植原亮輔/渡邉良重)
定員:抽選20名
参加費:500円
申込方法:5月9日(必着)までに下の申込フォーム、
     または往復はがき(〒154-0004東京都世田谷区太子堂4-1-1)で、
     住所・氏名・年齢・電話番号を明記のうえ、生活工房「まいごポスター」係あてにお申し込みください。 

プログラムに申し込む

*

主催:公益財団法人せたがや文化財団 生活工房
企画制作:Lucy + K/LEONIMAL BOSAI
特別協力:NPO法人ANICE
協力:世田谷獣医師会/昭和女子大学大学院 生活機構研究科 心理学専攻 清水裕研究室
後援:世田谷区/世田谷区教育委員会
アートディレクション・デザイン:髙橋剛
イラストレーション:七字由布
編集協力:小林祐子(レモンと実験室)

こんなプログラムも…

クレオール・ニッポンの旅 ―無...

“うたう旅人”松田美緒さんが見つけた ハワイ・ブラジル・日本に残された音楽を通して、 私たちの暮... もっと見る

イシス編集学校×生活工房「情報...

昨年度好評だった「情報力編集講座」を軸にして、本年度の講座では、情報を自分自身で収集しながら、文章を書く... もっと見る

インタースコア・ワークショップ...

イシス編集学校との連続講座、好評につきふたたび登場! 社会や仕事や日々の暮らしをどう「編集」して、新しい... もっと見る

新年を祝う お正月飾りづくり ...

ゆく年への感謝と、新しい年への願いを込めて 注連縄をつくります。  もっと見る

うたの記憶と出会うとき ―クレ...

来春開催予定の展覧会のプレイベント。 “うたう旅人”松田美緒と2人の人類学者をゲストに迎えて、「... もっと見る

男性のための 自分の「好き」を...

イシス編集学校との共催企画第2弾は、 「着物」がテーマの編集ワークショップ。 男性には少し縁遠い着物の世界... もっと見る

イシス編集学校×生活工房 先ど...

イシス編集学校による連続講座を開講! さまざまな分野をつなぎ、新しい見方(スコア)や関係を創りだす、共... もっと見る

穴アーカイブ:an-archi...

記録の穴を手がかりに それぞれが記憶を持ち寄って みえない景色をみる試み   8ミリフィルムと せた... もっと見る

MADE IN OCCUPIED...

戦後70年、 Made in Occupied Japanの陶磁器が伝える平和のメッセージ もっと見る

市民活動・NPO活動を支えるコ...

今年度の市民活動支援講座は「コミュニティづくり」がテーマです。今回の講座ではコミュニティづくりの大切さと... もっと見る

三軒茶屋 三角地帯 考現学

世田谷通りと国道246に挟まれた、通称・三角地帯。 店舗の営みやそこを訪れる人々をイラストレーションで記録し... もっと見る

食べることの未来 石倉敏明×藤...

連続講座「知の航海」最終回は 人類学者の石倉敏明さんと現代史研究者の藤原辰史さんを迎え 未来の... もっと見る

連続講座・知の航海 Vol.2 ...

“大人の知的好奇心を満たす”ための連続講座。  第2回は、清野由美さん(ジャーナリス... もっと見る

連続講座・知の航海 Vol.3 ...

“大人の知的好奇心を満たす”ための連続講座。  第3回は、原田信男さん(国士舘大学教... もっと見る

連続講座・知の航海 VOl.4 ...

“大人の知的好奇心を満たす”ための連続講座。  第4回は、佐々木俊尚さん(ジ... もっと見る

連続講座・知の航海 Vol.1 ...

“大人の知的好奇心を満たす”ための連続講座。 第1回は、菊地成孔さん(音楽家)と坂村健さ... もっと見る

空き地農業 都市・農・人の新た...

農地を拓き、地域も拓く。 人が集う「農園」のあり方を参考に、 都市と農、そして地域について考え... もっと見る

知の航海2013 ふゆまつり ...

時とともに人も建物も移り変わる「まち」。 わたしたちの「まち」が直面する開発や住民自治、 そし... もっと見る

知の航海2013 まちのまつり...

時とともに移ろいゆくまちの姿――。 高齢化、待機児童、駅前再開発など 都市構造の変化とともに「地... もっと見る

知の航海2013 まちのまつり...

時とともに移ろいゆくまちの姿――。 高齢化、待機児童、駅前再開発など 都市構造の変化とともに「地... もっと見る

知の航海2013 vol.1 ...

伸び悩む成長率、産業の空洞化、広がる格差…… 「小商い」という経済活動から 少子高... もっと見る

知の航海2012 ぐるぐるエネ...

食べることは、生きること。 気鋭の哲学者・國分功一郎さんを迎え、 私たちの生活を一歩前に進める... もっと見る

知の航海 特別編 「東日本大震...

被災地の記録写真を見ながら、震災直後から現在までのお話を伺います。 もっと見る

News お知らせ

Pagetop