生活工房×ひと

大竹 英洋写真家

大竹 英洋
*

生活という単語を別の言葉に置き換えると?

瞬間の積み重ね

どうしても暇なとき、何をしますか?

さんぽ、ひるね

世田谷区内でよく行く場所を教えてください

キャロットタワー周辺

おおたけ・ひでひろ/HIDEHIRO OTAKE

1975年、京都府舞鶴市に生まれ、東京都世田谷区で育つ。幼稚園から小学校卒業までは、生活工房の所在地である、世田谷区太子堂に暮らす。一橋大学社会学部在学中に世田谷区立中央図書館で手にした、自然写真家ジム・ブランデンバーグの写真集に魅了され、1999年、北米の湖水地方「ノースウッズ」を初めて訪れる。以降、同地をフィールドに、野生動物や自然と人間との関わりを追って撮影を続け、新聞・雑誌・写真絵本で発表している。 2018年、著書『そして、ぼくは旅に出た。はじまりの森ノースウッズ』(あすなろ書房)*で、第7回梅棹忠夫・山と探検文学賞を受賞。2021年、写真集『ノースウッズ――生命を与える大地』(クレヴィス)で、第40回土門拳賞を受賞。http://www.hidehiro-otake.net/

*2022年、文藝春秋より文庫化

更新日:2022/07/15