Program プログラム

  • 展示
  • セミナー
  • ワークショップ

クライム・エブリ・マウンテンvol.1
ミャオ族の刺繍と暮らし 展

EVENTあり 25

中国の貴州省に多く暮らしているミャオ族は、緻密な刺繍を施した美しい民族衣装をまとっています。
苗族刺繍博物館より多彩な民族衣装など約60点をお借りして展示し、その暮らしについても紹介します。

写真:舟渓(ジョーシー)の蘆笙祭に参加する正装の娘たち(撮影:佐藤雅彦)

会期: 2017年11月11日(土)~2017年12月10日(日)
時間: 11:00~19:00 月曜休み
会場: ワークショップB(4F) / 生活工房ギャラリー(3F)

山々に踊る、家族のためにつくられた美しき衣装

世界の山岳地に住む人々の暮らしを紹介する「クライム・エブリ・マウンテン」シリーズの第1弾として、中国西南部の貴州省に多く暮らしているミャオ族(苗族)を取り上げます。


左:台江・梅影村の歓迎式典(撮影:佐藤導直) 右:三都(サンドゥ)のピカピカ布服。卵白を塗りつやと張りを持たせた生地に、渦巻きの染文が特徴的。(撮影:西岡潔[『ミャオ族の刺繍とデザイン』/大福書林より])

「天に三日の晴れ間なく、地に三里の平野なし」といわれるこの地域では、山また山が連なり、南からの湿った空気が山にぶつかって毎日のように雲が発生します。この山々の斜面を切りひらいて棚田をつくり、稲作を中心として暮らしてきたミャオ族は、美しい民族衣装で知られる人々です。「百苗」とのことばにみられるように、衣装は地域によって異なります。


段々畑の稲刈り(撮影:佐藤雅彦)

農作業の合間を縫って糸を紡ぎ、織り、染め、さらに繊細な刺繍を施す――ミャオの家庭では母から娘へと、その技術が伝え継がれてきました。子どもを背負うための「背帯」はとても大切にされている嫁入り道具のひとつで、「布目から魔が入る」という言い伝えもあり、特に念入りな刺繍が施されます。モチーフのひとつひとつにも意味があり、蝶はミャオ族の始祖、龍は雨と風を呼ぶ五穀豊穣の象徴、唐辛子の花は子だくさん…。文字を持たなかったミャオの信仰や精神性、民族としての誇りが、まるで物語のように衣装に縫い込められているのです。

左:革一(グーイー)地方の背帯。堆繍(ドイシュウ)という極小のシルクパーツを1ミリ単位でずらして重ね、立体的に模様を描いてゆく技法で、鳥や魚、蝶などが描かれている(撮影:西岡潔[『ミャオ族の刺繍とデザイン』/大福書林より]) 右:祭りの準備。銀の飾りを付けてもらっている少女(撮影:佐藤雅彦)


11月中旬、ミャオ族の村々では、穀物の刈り入れが終わった村から順に正月を迎えます(苗年節)。ミャオ族にとっての新たな年が始まるこの時期に、その刺繍と1年間の暮らしを紹介する展覧会を開催します。

映像を除く展示資料のすべては、愛知県常滑市にある苗族刺繍博物館の収蔵品です。私設のこの博物館は、1000点を超える貴重な苗族の資料を有して公開しているだけでなく、学校に通えない少女たちが無償で刺繍を学べる禾苗刺繍学校を貴州省台江県に2001年に設立し、支援を続けています。

本展では、「小さな祭りは毎日ある」とされるほど伝統的祭礼の多いミャオ族の1年間を辿りながら、その中で大切に伝えつがれてきた民族衣装約60点と、映像資料の展示や関連イベントをとおして、ミャオ族の刺繍と暮らしに迫ります。


左:革一(グーイー)の背帯。祠に祀られる人、踊る村人たち、闘牛のシーンなどが平繍(ピンシュウ)で描かれている 右:丹寨(ダンジャイ)の、祭りの際に用いられる特別な正装「百鳥衣」。大胆に龍が舞い、裾には鳥の羽が揺れる(左右とも、撮影:西岡潔[『ミャオ族の刺繍とデザイン』/大福書林より])


*展覧会会場受付では、ミャオ族のアンティーク刺繍や、禾苗刺繍学校の少女たちによる刺繍作品、書籍『ミャオ族の刺繍とデザイン』などを販売します。

 

トークイベント「ミャオの刺繍と出会って」

約20年間にわたってミャオの人々と交流を重ねながら収集を続けてきた佐藤館長に、その魅力について伺います。現地に設立した禾苗刺繍学校についてもお話しいただきます。

日時:11月11日(土)14:00~15:30
会場:ワークショップルームA
講師:佐藤瑞代(苗族刺繍博物館館長)
参加費:500円/50名(申込先着)
申込:10月25日10:00より、電話(TEL.03-5432-1543)か下の申込フォームにて

出張ツアーカウンター開設!「みんなでつくる貴州ツアー」

貴州省を旅したデザイナーたちによる映像を交えた報告会のあと、会場の皆さんとともに楽しい貴州ツアーを考えます。そのほか、ミャオ族の技術を使ったピカピカ布ミニワークショップや、貴州料理の屋台も登場予定。タイムテーブルなど詳細は追ってお知らせいたします。

日時:12月2日(土)11:00~16:00
会場:ワークショップルームA
参加費:入場無料(ミニワークショップと貴州料理は有料)

申込:不要。当日直接会場へ。途中入退場自由。 
[トーク]新居幸治(Eatable of Many Orders)、安藤僚子(デザインムジカ)、金森香(ドリフターズインターナショナル) 

[ツアー相談]貴州省日本観光センター
[協力]日中平和観光株式会社アジア太平洋観光社中國紀行CKRM 

ワークショップ「堆繍(ドイシュウ)体験教室」

小さな布片を重ねていくことにより、模様を作り出す独特の技法・堆繍。8センチ四方のフレーム作品を作って体験します。


日時:12月9日(土)13:00~16:00

会場:ワークショップルームA
講師:佐藤瑞代(苗族刺繍博物館館長)
参加費:2,500円(材料費込)/20名(抽選) 
申込:11月25日(必着)までに往復ハガキ(〒154-0004 世田谷区太子堂4-1-1 生活工房「ミャオ族ワークショップ」係あて)か下の申込フォームにて

プログラムに申し込む

こんなプログラムも…

映像のフィールドワーク・ラボ ...

20世紀の映像百科事典「エンサイクロペディア・シネマトグラフィカ」の映像群に、生命の根源的な営みを学ぶシリ... もっと見る

生活工房20周年記念 家電のあ...

「あなたの未来の、家電のある生活」を考えてみませんか? もっと見る

クライム・エブリ・マウンテンv...

11月に開催予定の「ミャオ族の刺繍と暮らし」展は、山に暮らす人々の生活とその思想や知恵に迫る「クライム・エ... もっと見る

映像のフィールドワーク・ラボ ...

20世紀の映像百科事典「エンサイクロペディア・シネマトグラフィカ」の映像群に、生命の根源的な営みを学ぶシリ... もっと見る

クレオール・ニッポンの旅 ―無...

“うたう旅人”松田美緒さんが見つけた ハワイ・ブラジル・日本に残された音楽を通して、 私たちの暮... もっと見る

食べられるセミナー「夜と生活工...

夜に訊く、塩と肉のはなし。 もっと見る

うたの記憶と出会うとき ―クレ...

来春開催予定の展覧会のプレイベント。 “うたう旅人”松田美緒と2人の人類学者をゲストに迎えて、「... もっと見る

7つの海と手しごと〈第7の海〉...

北アメリカ北西海岸沿岸の先住民たちは、集団の祖先と特別な関わりがあるとされている動物などの〈トーテム〉を... もっと見る

日本のポータブル・レコード・プ...

日常の音楽風景を彩った オモシロかわいいプレイヤー約100点が大集合! 写真:HITACHI MQ-22/ 撮影:高... もっと見る

7つの海と手しごと〈第6の海〉...

インド洋に浮かぶインドネシア共和国のスンバ島。 この島独特のイカット(絣織物)、男性用の衣服「ヒンギ」と... もっと見る

7つの海と手しごと《第5の海》...

―北方民族ウイルタの文様をたどる旅― サハリン島でトナカイとともに暮らしてきた少数民族・ウイルタ。イルガ... もっと見る

7つの海と手しごと《第4の海》...

赤土の大地と褐色の肌を彩る、海のような藍。 もっと見る

7つの海と手しごと〈第3の海〉...

イスラムの女性が母から娘へと伝え続けてきた、繊細なレース編み「イーネオヤ」の展覧会。 ※会期中無休、入... もっと見る

7つの海と手しごと〈第2の海〉...

壁かけに縫い込まれた、極北の民の暮らし。 もっと見る

7つの海と手しごと〈第1の海〉...

パナマのカリブ海沿岸に暮らすクナ族の暮らしを、「モラ」と呼ばれる美しいアップリケ刺繍を通してご紹介します。 もっと見る

News お知らせ

Pagetop