Program プログラム

  • セミナー

食べられるセミナー「夜と生活工房」

終了

夜に訊く、塩と肉のはなし。

会期: 2017年02月24日(金)   2017年02月28日(火)  
時間: 両日19:30~21:30
会場: ワークショップA(4F)

生活工房は“人間の生活のすべて”を題材にして、展覧会やワークショップなどを企画し、
暮らしをデザインする=楽しむためのヒントを提案しています。
生活工房は、(休館日をのぞく)毎晩夜10時まで開館しています。
仕事帰りの夜なら行けるのに…、そんな皆様にお越しいただくための夜に学び/夜を楽しむセミナーを開催します。
「塩」と「肉」をお題にした専門家のレクチャーを訊きながら、テーマにちなんだ料理とお酒をいただきます。

 

第一夜 夜と塩
2月24日(金)19:30 ~21:30
食べられる唯一の鉱物である岩塩や、海の恵みの塩。
人類は「火」を操る能力を備え、そこに「塩」を加えたことで初めて料理が生まれたと考えられています。
塩はどこから来るのか、製塩法や塩の役割を学び、塩の旨みの活きた料理をいただきます。
 

レクチャー:高梨 浩樹(たばこと塩の博物館主任学芸員)
1968年静岡県三島市生まれ。1992年筑波大学第二学群比較文化学類卒業。
1995年筑波大学大学院修士課程環境科学研究科修了。
1995年より、たばこと塩の博物館に学芸員として勤務、
小中学生を主対象に毎年開催する「夏休み塩の学習室」などを担当。
2015年に博物館が渋谷から墨田へ移転・リニューアルした際、
これまでの活動を常設展示に反映するも、まだ分野として弱い「塩利用の文化論」の模索を続けている。
専門分野は塩全般(とくに塩の科学と製塩技術史)・生態人類学。
著書に『つくってあそぼう 塩の絵本』(農山漁村文化協会 2006年)がある。





第二夜 夜と肉

2月28日(火)19:30 ~21:30
人と肉の関係について、沖縄のブタの食肉文化を例に学び、ブタのさまざまな部位を使った料理を楽しみます。
伝統と産業化に伴う人のブタに対する意識の変化など、人類学の視点からもお話を訊きます。
 

レクチャー:比嘉 理麻(沖縄国際大学講師)
1978年生まれ。筑波大学大学院人文社会科学研究科博士課程単位取得退学、博士(国際政治経済学)。
専門は文化人類学、沖縄研究。
主著『沖縄の人とブタ-産業社会における人と動物の民族誌』(単著、京都大学学術出版会、2016年)、
『食べる-生命の教養学12(仮)』(共著、慶応義塾大学出版会、近刊)、
『カルチュラル・インターフェースの人類学』(共著、新曜社、2012年)、
“Revisiting Colonial and Post-Colonial”(共著、Bridge21 publications、2014年)など。

協力:吉実園、高橋希望
 







両日とも
料理:風景と食設計室 ホー
高岡友美・永森志希乃によるユニット。
ランドスケープデザイン事務所勤務を経て、2012 年3 月より活動。
「遠くの風景と、ひとさじのスープ。世界とわたしの手のひらは繋がっている」 をコンセプトに、
食を風景・文化・社会の切り口から捉え、その時その場所でしか体験できない食のインスタレーションを展開。
企業や自治体とのプロジェクトにて、コンセプチャルなフードプレゼンテーション、
アートプロジェクト、デザインなど幅広く手がける。
2015 年より東京/富山の2拠点にて、更に広がりのある活動を目指す。
 



会場:
生活工房ワークショップルームA
対象:20歳以上
参加費:各4,000円(料理・ドリンク代込み)
定員:各日20名(申込先着順)
申込方法:1月25日(水)より、電話(03-5432-1543)または下の申込フォームよりお申し込みください。
     第一夜・第二夜ともに定員に達したため、申込を締め切りました。 

*

主催:(公財)せたがや文化財団 生活工房
後援:世田谷区

こんなプログラムも…

映像のフィールドワーク・ラボ ...

20世紀の映像百科事典「エンサイクロペディア・シネマトグラフィカ」の映像群に、生命の根源的な営みを学ぶシリ... もっと見る

クレオール・ニッポンの旅 ―無...

“うたう旅人”松田美緒さんが見つけた ハワイ・ブラジル・日本に残された音楽を通して、 私たちの暮... もっと見る

始末をかくエキシビション 生活...

劇作家・岸井大輔を中心としたアーティスト集団「始末をかく」。アーティストや俳優、パフォーマーといった多彩... もっと見る

新年を祝う お正月飾りづくり ...

ゆく年への感謝と、新しい年への願いを込めて 注連縄をつくります。  もっと見る

うたの記憶と出会うとき ―クレ...

来春開催予定の展覧会のプレイベント。 “うたう旅人”松田美緒と2人の人類学者をゲストに迎えて、「... もっと見る

7つの海と手しごと〈第7の海〉...

北アメリカ北西海岸沿岸の先住民たちは、集団の祖先と特別な関わりがあるとされている動物などの〈トーテム〉を... もっと見る

留学生研究発表会 JAPOND...

留学生を通して世界を知るJAPONDER(ジャポンダー)。 今年は、ルーマニアからの留学生による獅子舞・獅子踊... もっと見る

男性のための 自分の「好き」を...

イシス編集学校との共催企画第2弾は、 「着物」がテーマの編集ワークショップ。 男性には少し縁遠い着物の世界... もっと見る

日本のポータブル・レコード・プ...

日常の音楽風景を彩った オモシロかわいいプレイヤー約100点が大集合! 写真:HITACHI MQ-22/ 撮影:高... もっと見る

イシス編集学校×生活工房 先ど...

イシス編集学校による連続講座を開講! さまざまな分野をつなぎ、新しい見方(スコア)や関係を創りだす、共... もっと見る

MADE IN OCCUPIED...

戦後70年、 Made in Occupied Japanの陶磁器が伝える平和のメッセージ もっと見る

SUNDAY MORNING W...

日曜の朝をちょっと贅沢に。 日曜の朝、いつもより少し時間をかけて、 豊かなランチを用意しませんか。 Photo:... もっと見る

SUNDAY MORNING W...

日曜の朝をちょっと贅沢に。 今年最後の日曜日、新しい年に向けて注連縄をつくります。 Photo: Takuya Nagamin... もっと見る

坂 茂 ― 紙の建築と災害支援

世界的に活躍する建築家・坂茂の活動を紹介します。 近年頻発する自然災害のなかで人々の「住まい」がいかにあ... もっと見る

留学生研究発表会 JAPOND...

留学生を通して世界を知るJAPONDER(ジャポンダー)。 今年は、ウガンダ共和国の留学生と その夫人である文化人... もっと見る

7つの海と手しごと〈第6の海〉...

インド洋に浮かぶインドネシア共和国のスンバ島。 この島独特のイカット(絣織物)、男性用の衣服「ヒンギ」と... もっと見る

SUNDAY MORNING W...

日曜日の朝を楽しむワークショップ。 今回は近年注目を集める「クラフトビール」と、 ビールとも相性ばっちりな... もっと見る

「ブナ帯☆ワンダーランド」展

燃えるような紅葉の秋 音も消える白銀の冬 雪解けの轟音とともに山菜の芽吹く春 そして軽やかな夏のブナの森... もっと見る

朝のクリスマスケーキとリースの...

クリスマスを目前に控え、 この季節ならではのケーキとリースを作ります。 写真=阿部健 もっと見る

JAPONDER2014 Fu...

南米のペルー共和国の留学生を案内役に、ペルーの「フュージョン(融合)」という食文化の潮流を、映画と料理教... もっと見る

7つの海と手しごと《第5の海》...

―北方民族ウイルタの文様をたどる旅― サハリン島でトナカイとともに暮らしてきた少数民族・ウイルタ。イルガ... もっと見る

SUNDAY MORNING W...

日曜の朝をちょっと贅沢に…… ワインとテリーヌを愉しみます! 写真=菊池良助 もっと見る

SUNDAY MORNING W...

夏休みも目前! 海に行きたくなるトートバッグを作ろう! もっと見る

7つの海と手しごと《第4の海》...

赤土の大地と褐色の肌を彩る、海のような藍。 もっと見る

SUNDAY MORNING W...

近年注目されるビオ・ワイン(自然派ワイン)。 有機や減農薬栽培で作られたブドウを使い 作り手の... もっと見る

SUNDAY MORNING W...

日曜の朝をちょっと贅沢に…… 工具を握り、切ったり、組んだり、色を塗ったり、 楽し... もっと見る

JAPONDER10 第10回...

留学生ってどんな勉強しているの? もっと見る

SUNDAY MORNING W...

日曜の朝をちょっと贅沢に…… 生活工房の朝のワークショップが始まります! 第一回は... もっと見る

アトツギ —山と里、庄内にまな...

日本の伝統食-私たちは何を食べ継いできたか 展示と関連イベントから「食のアトツギ」について考えます。 ... もっと見る

「聞きながら綴る 出羽三山 精進...

11月から展示に先立ち、「精進料理」をテーマにしたワークショップとトークセミナーを開催します。  ... もっと見る

第9回 留学生研究発表会 JA...

留学生ってどんな勉強しているの?   主催: 生活工房/SUNUS(サナス) 「公益財団法人中島記... もっと見る

7つの海と手しごと〈第3の海〉...

イスラムの女性が母から娘へと伝え続けてきた、繊細なレース編み「イーネオヤ」の展覧会。 ※会期中無休、入... もっと見る

7つの海と手しごと〈第2の海〉...

壁かけに縫い込まれた、極北の民の暮らし。 もっと見る

JAPONDER8 -留学生っ...

留学生が見た日本、世田谷はどんな所なのでしょう? ぜひ留学生の声を聞きにきてください。 生活工房/SUNUS... もっと見る

7つの海と手しごと〈第1の海〉...

パナマのカリブ海沿岸に暮らすクナ族の暮らしを、「モラ」と呼ばれる美しいアップリケ刺繍を通してご紹介します。 もっと見る

JAPONDER7  留学生研...

留学生が見た日本、世田谷はどんな所なのでしょう? ぜひ留学生の声を聞きにきてください。 SUNUS(サナス)... もっと見る

JAPONDER 6 ―留学生っ...

学んでいること、感じたこと、母国のこと。 日本で学ぶ留学生が率直に語ります。 生活工房/SUNUS(サナス) もっと見る

JAPONDER5 ―留学生に...

世田谷に暮らす留学生たちは、日本で何を学んでいるの?   主催:生活工房/SUNUS(サナス) もっと見る

JAPONDER4 ~留学生に...

世田谷在住の留学生が中心となって、日頃の研究成果をお披露目します。 SUNUS(サナス)、生活工房 もっと見る

News お知らせ

Pagetop