生活工房のバックヤード整理に欠かせない箱。色違い・サイズ違いも用意されています。裏面に溝があり、専用の棚に引っかけて利用しています。ラベルはすべて「テプラ」で作成し、ハサミ、糊、毛糸、ワイヤー、よく分からない金具などあらゆるものが整頓されています。

2017年に開催した展覧会「生活はふるさとのように上演されている」第二幕では、3階ギャラリーに棚ごと移設して展示しました。

 

始末をかくエキシビション「生活はふるさとのように上演されている」
会期:2017年2月4日(土)~3月26日(日)
https://www.setagaya-ldc.net/program/355/


※生活工房マガジン「蔵出し」とは、生活工房の過去の企画に関するモノをとおして、今の生活のヒントやインスピレーションを探るシリーズです