プログラム

開催予定(参加者募集中)
  • [展示]

プライベート・コレクション展

個人宅に飾られている美術作品と、その所有者に光をあてた展覧会。

会期:
2019年06月15日(土)~2019年07月15日(月)
時間:
9:00~21:00 入場無料、祝日をのぞく月曜休み
会場:
生活工房ギャラリー(3F)

誰かの家の、誰かの作品。

 

玄関で出迎える水彩画、リビングに飾られた油絵、和室にたたずむ彫刻……。

〈プライベート・コレクション展〉は、ふだん誰かの自宅で飾られている美術作品が集う展覧会です。

 

アーティストの藤井龍は、個人宅にある美術作品の展示風景を写真撮影し、『Private Collection』と題して発表してきました。

ときにユーモラスな印象を与えるこうした写真は、生活と同居する美術のあり方を私たちに気づかせます。

それはまた、ふだん意識することのない生活を意識するきっかけにもなるでしょう。

 

本展では、世田谷区内でみつかった「プライベート・コレクション」を紹介します。

今回のために撮影した写真だけでなく、18軒の個人宅から集まった約20点の美術作品を展示し、さらに所有者へのインタビューも公開。

所有者によって語られる作品の由来や思い入れは、それぞれの暮らしと切り離せないユニークなエピソードばかりです。

 

収蔵庫を持たない生活工房が、個人宅から作品をお借りして開催する展覧会。

生活とともにあるプライベートな美術作品の数々を、どうぞお愉しみください。

 

企画制作:藤井 龍(ふじい・りょう)
美術家。1987年岡山県生まれ。写真や映像、パフォーマンスなどのメディアを用いたプロジェクトを発表している。 http://ryofujii.com

 

 

 

 

Photo: Ryo Fujii

関連イベント

プライベート・ミュージアム・ツアー

個人宅を実際に訪問して、所有者の方から飾られている美術作品についてお話を伺います。

 

集合日時:6月29日(土)13:30(15:30頃に千歳船橋駅にて解散予定)

集合場所:千歳船橋駅北口

定員:8名(抽選)

参加費:500円(お茶代込)

申込方法:下の申込フォームまたは往復はがき(イベント名、氏名、年齢、電話番号を明記の上、〒154-0004 世田谷区太子堂4-1-1キャロットタワー5F「生活工房ミュージアム・ツアー係」宛)にて

締切:6月16日(必着)

このプログラムに申し込む


カタログ・メイキング

本展の図録(非売品)を製本するワークショップ。「綴じること」を柔軟にとらえた本のつくり方を学びます。製作したカタログは1冊お持ち帰りいただけます。

 

Design: Genki Abe(Tanuki)+せかい    Photo: Fuyumi Murata

 

日時:7月14日(日)14:00~17:00

場所:ワークショップルームA(生活工房4階)

講師:Tanuki(本展デザイン担当)

対象:中学生以上

定員:20名(申込先着順)

参加費500円(材料費込)

申込方法:5月25日(土)10時より受付開始
     電話(03-5432-1543)または下の申込フォームにて

講師プロフィール:Tanuki(たぬき)
グラフィックデザインスタジオ。2016年より東京を拠点に活動中。http://tanuki.ooo


クロージング・トーク

本展の企画制作を行うアーティストの藤井龍さんによるギャラリー・トーク。最終日に、企画のプロセスと展覧会を振り返ります。

 

日時:7月15日(月祝) 14:00~15:00

会場:生活工房ギャラリー

定員:20名(申込不要、直接会場へ)

参加費:無料


*

主催:公益財団法人せたがや文化財団 生活工房

企画制作:藤井龍

協力:諧林招

後援:世田谷区、世田谷区教育委員会

関連するプログラム