プログラム

開催予定
  • [展示]

続・セタガヤママ
小さなメディアの40年

1982年にオープンした雑貨屋「セタガヤママ」を中心に、ママたちが“生活”を軸に展開した小さなメディア活動を紹介する展覧会。

会期:
2023年01月31日(火)~2023年04月23日(日)
時間:
9:00~21:00 祝日をのぞく月曜休み
会場:
生活工房ギャラリー(3F)

1982年、世田谷区経堂にオープンした雑貨屋「セタガヤママ」。店主の名前は大橋正子。貸本、イラストレーター・柳生弦一郎の「ぬりえ」の出版、小さなラジオ放送(ミニFM)など、その活動は多岐に渡りました。住宅街でひときわ目立つピンクと黄色の窓は建築家・石山修武が、ロゴはデザイナーの平野甲賀が手がけています。

 

本展は、「セタガヤママ」を中心に、子育て中の女性たちが試みた“生活の実験”をご紹介する初の機会となります。1979年に平野公子が自宅マンションを開放した文庫「子どもザウルス」、そこで出会った主婦たちが公園や友人宅で展開した「あめの会」、その活動や日々のことを綴った「あめの会通信」。ここでガリ切りを担当した田上正子は、現在も「あめつうしん」というミニコミをガリ版で発行しています。

 

会場では、当時のミニコミや写真、平野甲賀のグラフィックといった貴重な作品から、現在も続く「あめつうしん」まで、およそ40年分の資料を展示します。さらに「セタガヤママ」周辺の子どもたちが当時を振り返ったエッセイ、常連だった絵本作家・石津ちひろが書き下ろした詩もご紹介。それぞれの視点から、生活を軸にした小さなメディアの活動を辿ります。マンションの一室から出発したママたちの冒険と、その「続き」をお楽しみください。

 

雑貨屋「セタガヤママ」

 

 

  

左から、「子どもザウルス通信」(平野甲賀のプリントゴッコ)、「あめの会通信」表紙(謄写印刷、1981年、No.12)、柳生弦一郎『ゲンイチロウのぬりえ』(発行:セタガヤママ)

関連イベント

おはなしとおにんぎょう
はじめてのともだち

オリジナルの新作絵本『はじめてのともだち』。

かわいい人形と、ふしぎなおはなしをお楽しみください。

 

 

絵本制作・出演|横山てんこ(美術家/人形遣い/俳優)

出演|関根真理(パーカッショニスト)

日時|2月4日(土)①11:00~ ②14:00~ 各回30分程度

会場|5Fセミナールーム

対象|幼児~(小学校3年生までは保護者同伴)

定員|50名(申込先着)

料金|500円(同伴者無料)

申込|11月25日10時より、生活工房ホームページからオンラインで受付

このプログラムに申し込む


お面づくりワークショップ

セタガヤママでも人気だったお面づくり。

色鉛筆やペン、色画用紙で制作して、会場で展示します。

 

 

講師|佐々木未来(イラストレーター/グラフィックデザイナー)
日時|3月21日(火祝) 14:00~15:00

会場|3F市民活動支援コーナー
対象|小学校1年生~(小学校3年生までは保護者同伴)

定員|各回10名(抽選)

料金|500円(同伴者無料/材料費込)
申込|生活工房HPからオンラインで申込

締切|3月7日(火)

※複数人数でご参加の場合も、お一人ずつそれぞれお申込みください。なお、抽選も個別に行います。ご了承の上、お申し込みください。

このプログラムに申し込む


ファミリー寄席

子どもでも大人でも、どなたでもお楽しみいただける落語会。

落語の楽しみ方もご紹介します。

 

 

出演|古今亭始、古今亭佑輔

日時|4月23日(日)14:00-16:00 ※途中休憩あり

会場|5Fセミナールーム

対象|小学校1年生~(小学校3年生までは保護者同伴)

定員|100名(申込先着)

料金|500円(同伴者も有料)
申込|2月25日10時より、生活工房ホームページからオンラインで受付


*

主催|公益財団法人せたがや文化財団 生活工房

企画制作|horo books

後援|世田谷区、世田谷区教育委員会

 

イラスト|木村さくら

宣伝美術|吉良幸子

関連するプログラム